テーマ:宮代ニュース

宮代町で停電騒ぎ

宮代町金原地区をのんびり通っていたら、突然のサイレン。何だと見れば・・・・。 サイレンの主は東京電力の車両。「緊急事態発生か?!」と、慌てる。 と警察官が交通整理。信号機を見ると・・・・。消灯。 先の車両に続いて工事車両もサイレンを鳴らして・・・・・。 東京電力の発表によると「【2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成21年度春学期「シニアチャレンジ講座」受講生募集を開始 日本工業大学

日本工業大学はこのほど、県内在住の55歳以上のシニアを対象として開講する平成21年度春学期「シニアチャレンジ講座」の概要を明らかにするとともに、受講生の募集を開始した。 同校は平成20年度から「シニアチャレンジ講座」を開講し、春学期3講座、秋学期5講座を実施したが、多くの受講者があるなど好評であった。このため21年度も春学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮代町の日本工業大学構内でクローバーが受験生頑張れと早くも開花

春から夏の花と言われるクローバー(シロツメクサ)が宮代町の日本工業大学の構内で開花しているのが確認された。 日本工業大学は、現在、入学試験の時期。2月1,2,3日には一般入試Aの試験が行なわれる。クローバーは通常三つ葉で、四つ葉のクローバーは、幸福のシンボルとされているが、四つ葉のクローバー以上にまれなこの時期のクローバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮代町で初めての「地域密着型介護老人福祉施設(小規模特養)」が2月1日にオープン

宮代町で特別擁護老人ホームなどを運営する社会福祉法人「みつなみ会」は、宮代町和戸に地域密着型介護老人福祉施設「ふるとねの郷」を建設中であったが、このほど完成、2月1日にオープンすることとなった。宮代町では、「高齢者が安心して老後を迎えられる社会資源は充実していると考える」としているが、更に一段と多様化・拡充が進むことになる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮代町和戸第1駐輪場が2月1日から供用開始

宮代町で初めての有料駐輪場となる和戸第1駐輪場は昨年12月から屋根の設置など整備工事を進めてきたが、ほぼ完成し、2月1日から供用を開始する。 同駐輪場については1月18日から利用の受付を開始したが、宮代町によると1月20日現在で自転車用の屋根あり120台については満杯、屋根なし51台については19台の空き、原動機付自転車の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合併研究会の検討素案を公表 宮代町

宮代町は21日、春日部市、杉戸町、宮代町で進めている1市2町の合併研究会のこれまでの検討状況を、ホームページ上で公表した。 1市2町の合併研究会は、それぞれの自治体の行政担当者による研究会で、昨年11月27日に第1回会合をおkなって以降、今年1月14日までに5回の会合を重ねてきた。その検討結果については、町議会議員などに対しては、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大集落の可能性強まる 相次いで住居址を発掘 宮代町道仏北遺跡

道仏地区は縄文j時代早期から前期にかけて、この地域では最大規模とも見られるムラがあったのではないかと見られているが、現在発掘調査中の地域でも10軒を超える住居址が相次いで発掘されており、大きな集落があった可能性が更に強まっている。 道仏北遺跡は、平成18年12月から平成19年7月にかけての発掘調査で、約4,000 平米に住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東武動物公園がコスプレ会場デビュー

東武動物公園は13日、同社ホームページで、「コスプレ博 in 東武動物公園」を1月25日(日)に開催することを明らかにした。宮代町では現在、進修館を会場としたコスプレが行われているが、東武動物公園の会場提供によって、これが定例イベント化すれば宮代町を訪れるコスプレイヤーが一段と増加するものと見られる。 東武動物公園では、「遊園地と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮代町道仏地区の踏み切り2箇所が閉鎖へ

宮代町道仏地区では、来週15日に、東武伊勢崎線の踏み切り2箇所が閉鎖される。 これは、道仏土地区画整理事業の工事に伴うもの。 閉鎖される踏み切りは 142号踏切が1月15日の午前10時 143号踏切が1月15日の午後2時の予定 なお、宮代町では土地区画整理事業に合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮代町の2008年を振り返る 十大ニュース

宮代NOWに掲載した2008年の宮代町の出来事を月毎に見てきましたが、それらの出来事の中から、勝手に10大ニュースを選んでみました。 宮代NOWの10大ニュースはかなり一方的なので10大ニュースの前に宮代町が選んだ5大ニュースをご覧ください。次の通りです。それを見ていただいてから、宮代NOWの10大ニュースを参考までに見ていただけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年の宮代町を振り返る(12)

■2008年12月の出来事 9日 宮代町は町内3つの駅周辺に公営の有料駐輪場を整備する方針だが、その第一弾として和戸第一駐輪場の整備工事に着手した 13日 宮代の若者たちが街に明るく温かい心の灯を点そうと実施している「みやしろイルミネーション」の点灯式が行われた。今年は商店会がイベントに参加するなど輪がさらに一段と広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年の宮代町を振り返る(11)

■2008年11月の出来事 20日 宮代町などが出資し「民間が経営責任を負う第三セクター方式」によるまちづくり会社「ティーエムオーみやしろ」が事業展開する共同店舗「る~ばんMIYASHIRO」の増改築工事が終わり、セキ薬品宮代店が移転・オープンした 28日 東武伊勢崎線の慢性的な踏み切り渋滞を解消するものとして、その完…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年の宮代町を振り返る(10)

■2008年10月の出来事 2日 安心・安全のまちづくり」を施政の重点項目の一つとしている宮代町は、町内の二箇所の地下道に防犯カメラを設置し、稼動を開始した 3日 宮代町議会は本会議を開き、議員提案の「春日部市を含む枠組みとする合併推進の決議案」を、賛成7(議長を除く議員13)で可決した。これを受けて榊原町長は「合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年の宮代町を振り返る(9)

■2008年9月の出来事 13日 高校総体に続いて、全国の学生のアーチェリー選手権大会がはらっパーク宮代で開幕 15日 「第47回全日本学生アーチェリー個人選手権大会」は、女子は北京オリンピックでわずかにメダルに届かなかった早川(日体大)選手が、男子は喜多田(近畿大学)選手が選手権に輝いた 17日 各地区ごとに3人一組となって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年の宮代町を振り返る(8)

■2008年8月の出来事 3日 埼玉県宮代町で演劇活動を行う「みやしろ演劇パーティ」は、宮代が生んだ偉人・島村盛助の民話風の創作童話「村の宝」を戯曲化し、郷土資料館の保存建物の一つである旧加藤家住宅で公演を行った   29日 前日のゲリラ豪雨の明けた宮代町は、川の増水が激しく、各所で道路や田圃が冠水した     3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年の宮代町を振り返る(7)

■2008年7月の出来事 1日 富士山の山開きが行われたこの日、宮代町や杉戸町ではお母さんに抱っこされた赤ちゃんたちが元気に近くの富士の山に登る初山が行われた。    13日 宮代町・東粂原の鷲宮神社では町指定無形民俗文化財の「獅子舞」が奉納された。   28日 宮代高校の松本選手が高らかに選手宣誓を行って、「彩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年の宮代町を振り返る(6)

■2008年6月の出来事 9日 宮代町議会は、町立図書館を指定管理者制度に移行させるための「宮代町立図書館設置及び管理条例の一部を改正する条例」案を賛成6、反対7で否決した。 27日 水田法面用保護植物として注目されている イワダレソウが宮代町宮東の田の畦でカーペットとなり、田の畦などの雑草の発生を抑えている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年の宮代町を振り返る(5)

■2008年5月の出来事 6日 新しい村に大利根町で誕生した「童謡の歌姫ユニット」pinkish(ピンキッシュ)が来村し、素晴らしい歌声を披露した   23日 午後2時過ぎ、宮代地方(久喜のアメダス)の気温は30度を超え、30.2度を記録した。この暑さに、東武動物公園では水面を滑空する{カワセミ」に、涼とスリルを求める人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年の宮代町を振り返る(4)

■2008年4月の出来事 1日 市民参加で制定された「宮代町まちづくり基本条例」が施行へ 「この条例は、宮代町が定める最高規範であり、他の条例、規則等の制定改廃及びまちづくりに関する計画の策定又は変更にあたっては、この条例の趣旨を尊重し、この条例との整合を図らなければなりません。」 19日 「彩夏到来 08 埼玉総体」(イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年の宮代町を振り返る(3)

■2008年3月の出来事 2日 東武動物公園の新滑空水上コースター「カワセミ」が滑らかに滑空を開始した。   8日  NPO法人「きらりびとみやしろ」が平成20年度宮代町公募制補助金の企画提案活動に応募し公開プレゼンテーションを行う。 22日 日本工業大学で「2008オープンキャンパス」21年度から「環境」をキー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年の宮代町を振り返る(2)

■2008年2月の出来事 3日 節分の日、早朝から雪となり、東武動物公園が臨時休園した   9日 宮代町総合運動公園で「第22回スポーツ少年団ロードレース大会」を開催、レース前に「クリーン宮代」を実施し、会場の総合運動公園付近の美化運動を行った 12日 宮代町町議会選挙が告示され、議員定数が減となった14議席をめぐって1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年の宮代町を振り返る(1)

2008年もあと・・・・。 もういくつ寝ると・・・。 マスコミでは十大ニュースや2008年を振り返る記事が多くなっているが、我が「MIYASIRO NOW」でも、宮代町のこの一年を振り返ってみたいと思います。 宮代NOWでお伝えしたことを月ごとにまとめて見ました。 ■2008年1月の出来事 1日 2008年の宮代は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年1月27日ISO14001の「自己宣言」に移行 宮代町

宮代町は平成15年から外部審査登録機関による環境マネジメントシステム「ISO14001」の認証を受け、「自然の恵みを永く受けつぐ、水とみどりのまち宮代」の実現を目指しているが、外部審査登録機関との契約が更改となる、来年1月27日をもって「自己宣言」に移行する。 外部審査登録機関による認証は、コストがかかることや自治体という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道仏区画整理地内の一部道路が明日から閉鎖されます

宮代町の道仏地区で進められている土地区画整理事業に伴い、同地区内の道路が明日17日から、一部閉鎖されるのでご注意ください。 地図上の地点はこちら この道路付近では、現在、道仏北遺跡の発掘調査が行われており、貴重な出土品や遺構か多数確認されている。 この道路閉鎖は区画整理に伴うものだが、道路下には住居跡が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮代町でシロバナのホトケノザが開花

数万株に一株程度しか現われないといわれているシロバナのホトケノザが、宮代町の田の畦に咲いているのが10日、確認された。 完全なシロバナ、ちょっと赤色が残ったピンク色のホトケノザなど5株が確認される。 ホトケノザは、道端や田の畦、畑などに良く見られ、群生して一面に赤紫の花を早春から梅雨のころにかけて咲かせるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮代町和戸第一駐輪場の整備工事始まる

宮代町は町内3つの駅周辺に公営の有料駐輪場を整備し、放置自転車など自転車による交通環境などの悪化を防止し、安心・安全なまちづくりを進める方針で、その第一弾として、トラブルの多い和戸第一駐輪場及び第二駐輪場を次年度早々までに有料駐輪場とする考えで、このほど、和戸第一駐輪場の来年2月1日有料化を目途に整備工事に着手した。 和戸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミズノが来年1月から宮代町で新体操教室を開校

日本国内で最大のスポーツ用品メーカーのミズノ(大阪本社:大阪市住之江区、東京本社:東京都千代田区)は21年1月20日から埼玉県宮代町で新体操教室事業を展開する。同社は、関西地区では、舞洲スポーツアイランドや鶴見緑地スポーツセンター(いずれも大阪府)などで新体操教室を開校しているが、関東地区では初めて。 同社は、本年4月から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「岩槻城を歩く・探る」見学会を開催 宮代町郷土資料館

宮代町郷土資料館は現在開催中の特別展「宮代町と岩槻城展」の関連イベントとして6日、実際に岩槻城跡などを歩いて岩槻城の様子に思い馳せてみようという「岩槻城を歩く・探る」見学会を開催し、30名ほどが青木文彦氏の説明を受けながら初冬の岩槻を3時間半ほど歩いた。 土曜日ということもあったのか、また、展示会と並行して関連講座を開講し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「混合型血管奇形」を国の「難病」に指定をと埼玉県東部地区の地方議員等が立ち上がる

原因が不明で治療法も確立されていない難病「混合型血管奇形」と闘う患者とその家族を救えと埼玉県東部地区を中心とした地方議員たちが国に「難病」への指定を求めて立ち上がった。特に、同病気の患者のいることが分かった宮代町議会議員は会派を越えて国に指定を求める意見書を今議会に提出、8日可決する見通し。 「混合型血管奇形」を「難病」にとの動き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい生ごみ堆肥化テストを見学 久喜宮代衛生組合

久喜宮代衛生組合は「臭いがほとんどなく、容積を10分の1程度に出来る」新しい生ごみ堆肥化のテスト操業を10月からスタートさせたが、11月30日、その処分実験の様子が公開された。 これは「HDMシステム」と言い、生ごみを好気性の菌(放線菌、糸状菌、油分解菌、動物性脂肪分解菌)などと混合することによって、微生物に生ごみを分解さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more