テーマ:写真

ツバメ 巣作り急ピッチ もしかして「出来ちゃった婚?」

巣を作り始めたころは、巣作りをサボって出かけたまま、なかなか顔をみせないこともあったが、急に巣作りに励んで、瞬く間に形が分かるようになった。 (5月30日撮影) 何をそんなに急いで・・・。 (5月29日撮影) もしかして、もう卵が生まれそう????と思えるほど、テンポが早い。 (5月28日撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家にツバメ 4年ぶり

2004年から2007年までの4年間、我が家で子育てを行なったツバメだが、2008年の抱卵中突然姿を消して(蛇にやられたのか?)以来、昨年、一昨年と姿は見せても、巣作りを行なわなかったツバメが・・・・。 今年、巣作りをはじめたようだ。 以前の巣を取り去った跡を、なぞるように新しく作り始めたようだ。 これまでは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フデリンドウが開花

宮代町の野でフデリンドウが花を開き始めた。 ひところに比べると場所も数も少なくなったが、それでも健気に咲く。 人間たちの思惑に翻弄され、見世物小屋よろしく白日の下にさらされてなお咲くその姿は、痛々しささえ感じる。 ゆっくりと静かに咲き続けて欲しいものだが・・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮代町で停電騒ぎ

宮代町金原地区をのんびり通っていたら、突然のサイレン。何だと見れば・・・・。 サイレンの主は東京電力の車両。「緊急事態発生か?!」と、慌てる。 と警察官が交通整理。信号機を見ると・・・・。消灯。 先の車両に続いて工事車両もサイレンを鳴らして・・・・・。 東京電力の発表によると「【2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古河市の桃まつり始まったが・・・

茨城県古河市の春の祭典、恒例の桃まつりが20日始まった。だが、肝心の桃は・・・・。pokkunさんがレポートを寄せてくださったので以下紹介する。 古河市恒例の桃まつりが始まりました。ステージでは太鼓の演奏が披露されました。 旧総和町の総和囃子も披露されました。 少し風がありますが、熱気球の試乗も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マムシに注意しながら見学を 圏央道利根川高架橋

圏央道は久喜白岡JCTからつくば中央IC間の建設が進められているが、pokkunさんから茨城県五霞町と境町間の利根川を渡る橋の建設模様が寄せられたので紹介する。 なにしろ、人の立ち入りの少ない河岸。自然の宝庫。当然、マムシもいる。啓蟄を過ぎたこれからの季節、建築現場見学には十分のご注意を。 利根川上流。対岸に関宿城。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の兆しを探す

林道に春の訪れを告げるミスミソウ。pokkunさんからその報告が届いた。 風が吹く日の散歩は、風の当たらぬ林の南側で小休止。 ハート型のこの葉は、ひょっとすると・・葉の間からはツボミも。 辺りに目を凝らすと・・咲いていました。 ミスミソウ。 さらに探すと・・こちらにも。 別名をユキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見ているだけで足がすくむ高所恐怖症

鉄塔を見上げて子どもが叫んだ「人がいる!」 それにつられて私も見上げる。 確かに いる。それも何人か・・・。 カメラをズームアップする。 私の体が小刻みに震え。足がすくむ。私は高所恐怖症だった。 カメラを向けたことを悔やむ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪融けの朝

積雪から明けた朝。宮代町は、雪融けが急速に進んだ。その雪融けと競争するようにカメラを持って、散歩してみた。以下、カメラ点描。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワセミと遊ぶ 宮代町

冬になって木の葉が落ちると、カワセミの姿が良く見える。 この日も、シジュウカラを追いかけていたら カワセミが。あわてて、カメラの向きをカワセミに カワセミも慣れているのか、ポーズをとって さらには バックまでサービスして 「どうだい。撮れたかい?」とばか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋深まる宮代町・進修館

今年の秋は遅い。と思っていると、いつの間にか紅葉の見ごろが足早に駆けていく。 宮代町コミュニティセンター・進修館の八重桜の紅葉を求めてカメラ散歩。 こんな紅葉に出会うと、何か得した気分になる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利根川に架かる旧橋の撤去進む 埼玉県久喜市・茨城県古河市

利根川に架かる旧橋の撤去工事が行われている。土木工学における近代化遺産でもあることからその一部は、古河総合公園に保存されるという。以下pokkunさんからの報告。 画面左は、最新の利根川橋(上り線)。 真中は、撤去工事中の旧橋、すでに舗装を剥がす工事は済んでいる。 画面右は、昭和41年竣功の新橋(下り線)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

R(adish)指定です

R指定なので、あまりに生々しくてはいけないと、干していました。先月末の写真です。 無論、画像処理しています。 これはいかがでしょう 下の写真が原画です。 全景です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本一長い水管橋と約1,000万本のコスモス

埼玉県鴻巣市には7つの日本一があるという。その中のひとつ、水管橋としては日本一の長さを誇る「荒川水管橋」。この水管橋の付近には、秋になると約1,000万本のコスモスが咲き誇る荒川堤防とコスモス畑が広がっている。その情景を pokkunさんがルポしてくださったので紹介する。 昨年3月、日本一の雛壇を鴻巣市まで見に行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメンボの集団

pokkunさんからアメンボの集団写真が届いたので紹介する。それにしても、多い。 水面にに浮かぶ沢山の虫。「アメンボ」。 漢字では水馬や飴坊と表記されるという。 カメムシの仲間なので臭腺をもつ。その臭腺から飴のような臭いを出すので飴ン坊と呼ばれる(表記される)ようになったとか。 昆虫なので足は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花(権現堂堤)

厳しい残暑が続いている16日、彼岸花が咲き始めた権現堂堤まで散歩。 11日に来た時には10センチだった茎が60センチにまで伸びている。 確かに、1日に10センチ伸びている。 今日咲いていたのは、およそ200本。 権現堂堤の彼岸花の数は、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珍しい客

「ゴキブリかな?」と家人の声。 だが、ゴキブリだと、大声で騒ぐ家人の声が落ち着いている。 そして「これ何?もしかして・・・」と家人が紙に載せて運んできた。 「おうこれは・・」と私はやおらカメラを取り出す。 そしてシャッターを押す。手振れが激しい。 珍客には大迷惑だろうが、フラッシュを発光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住めば都も根性が必要

住めば都とはよく言うが、こんなところにということはよくある。だが、ここに住むにはよほど根性がなければ・・・、とpokkunさんがこんな例を報告してくれた。 U字溝の中に咲くピンクの花を見つけた。 U字溝とU字溝の合わせ目のわずかな隙間に根を張っているようだ。 ここ2日間は雨だったので、水が流れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸川左岸土手の復旧現場の状況

江戸川左岸土手は3.11の大震災で大きく壊れたが、復旧が進み完了した。その現場の最近の状況をpokkunさんがルポしてくれた。 田圃の向こうは江戸川左岸土手ですが、画面中央の部分が周りと違うことが分かります。 ここは、海からおよそ59Kmのところ。 3.11の震災で壊れた土手の復旧工事が先ごろ完…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水鉄砲で飛行船を撃ち落とす?!

最近、宮代町周辺で飛行船の姿を見ることが多くなった。 青空にその姿は映える 近くを通るときは、操縦者の姿も確認できるのではとおもわれるほど 今日も、東武動物公園の上にやってきた。東武動物公園の来園者にスヌーピーの勇姿を・・・・。 ところが、東武スーパープールでは、時間ごとに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

右巻き:左巻き=5:4 ネジバナのねじれの研究

ネジバナ(モジズリの別名もある)が野に多く見られるようになったが、この花は右巻きが多いのか左巻きが多いのか、永遠のテーマである。その難問に毎年取り組んでいるのがpokkunさん。以下はそのレポートである。 横から見たときに花が右下から左上に巻いているものは、真上から見ると下から上に時計回りに巻きついている。これを右巻きと定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒川区立峡田小学校の生徒が田植えした宮代町の田んぼ(7月8日の様子)

大きくしっかりとした稲になってきました。 根張りもしっかりとして 風になびく姿もい『いちにんまえ』です。 田の周りを見渡すといろいろな動物が見られます。 子どもを心配そうに見守る親 卵を産むトンボ 飛び回るトンボや蝶など賑やかです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハロウィンカボチャ 雌花の姿(定期観察 その3)

ハロウィンカボチャは二回りほど大きくなった。 一部では子づるが伸び始め 越境しそうな勢いの株も で、良く見ると・・・・。 これはもしかして・・・、実のなる雌花?! 雄花はたくさん開花しているので、これが開花して受粉すれば・・・・・。 成長するハロウィンカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハロウィンカボチャ 花が咲く(定期観察 その2)

宮代町が10月29日に予定している「ハロウィンパーティー」用のカボチャは順調な生育をみせ、次々に開花している。 ところで、このハロウィンカボチャ、集中的に植えてある畑(西原)以外に3箇所に植えてある。 新しい村の「はっつけ(掘上田)」付近に2箇所、笠原小学校通学路付近に1箇所。 いぜれも夏草が茂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハクレンとの逢瀬 今日も・・・・

埼玉県久喜市利根川右岸の権現堂樋管付近、ここはハクレンのジャンプが観察できる場所pokkunさんが、ハクレンとの逢瀬を楽しもう出かけた。以下そのルポである。 6月30日、利根川右岸の権現堂樋管付近。昨日の栃木県の山間部での降雨で、低くなっていた水位が1.36mまで回復権現堂樋管の少し下流側にイスをセット。今日も暑さとの戦い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒川区立峡田小学校の生徒が田植えした宮代町の田んぼ(6月29日の様子)

成長期に入り、田んぼの地面が見えないくらい成長した。 水が落とされ、『中干し』が行なわれている。 根に酸素を行き渡らせ、稲を元気に育てる作業である。水を十分に与えられ甘やかされて育てられた稲は丈夫でなく、水を切って、試練を与えて強く育てる。 稲も育つが、雑草も育つ。雑草処理の季節でもある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハロウィンカボチャ 根付いた様子(定期観察 その1)

宮代町は、10月29日に、コミュニティセンター・進修館や新しい村などを会場として「ハロウィンパーティー」を開催する予定だが、その会場を飾るジャック・オ・ランタン用のかぼちゃを苗から育てようというプロジェクトを進行中である。 先週6月11日、子どもたちが小雨の降る中、一生懸命植えつけたハロウィンカボチャ。 どう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒川区立峡田小学校の生徒が田植えした宮代町の田んぼ(6月13日の様子)

5月10日に田植えした田。稲もかなりしっかりしてきました。 田の畦を歩いていると、いろいろなものに出会えます。 モンシロチョウが飛んできたり ヒシバッタが現れたりさまざまな昆虫を見ることができます。 花も、カタバミや オオイヌノフグリなど、田植えの頃から咲いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クワの実

宮代町でもクワの実がたわわに実っている。 口にすると美味しく、ジャム作りに大量に採る人などで、楽しみの一つのようだ。 だが、なかなか手を伸ばしてもらえず、鳥たちにも手に余るのか、そのまま落ちて、道を汚すのもある。 同じ木の枝に付いた実。その後の運命はさまざまのようである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more