慰霊の一日

8月6日、あの日から63年の広島市の平和記念公園では、45000人(市発表)が参列し、平和記念式典が行われたと伝えられる。埼玉県宮代町では特別な行事はなかったが、町立図書館で開催中の「ヒロシマ・ナガサキを考える記録写真展」を訪れる人の姿も見られた。

画像


長崎が原爆の日を迎える8月9日には、杉戸宮代平和委員会が、宮代町の進修館で「すいとんを食べながら戦争体験を聞く会」を開催する(入場無料)。

画像


8月6日の宮代町は、曇り空だったか、午前中は8時15分ころに陽射しが見られ、暑い一日となった。「原爆の花」と呼ばれ、廃墟のなかで逸早く花を咲かせた、広島市の花、夾竹桃が宮代町でも、午後には強い日差しの中、青空をバックに、力強く咲いている姿が見られた。

画像


夾竹桃の花に、あの日が重なると目を背ける人がいることも忘れてはいけないが、平和への思いを新たにするために・・・。

画像


合掌。

"慰霊の一日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント