生物嫌いのたわごと(!!!)

前回は、理科教育が「生命の重さ、尊さから入っていかないことに問題がある」との論旨で書いたつもりだが・・・。

今回もその続き、
自然保護団体や全国にある自然教室では、「自然に触れ合おうよう」というキャッチフレーズを掲げるところが多い。そしてまた、そうしたイベントが数多く開催される。

大部分のイベントは、しっかりとした理念の下に、一つのカリキュラムとして、作り上げられたものであり、さほどの問題はないと思われる。(それぞれについて調査をしたわけではないので、断言は出来ないが・・・)

しかし、旅行会社の主催する夏休みエコツアーや一部の団体などが行う、「自然に触れ合う」イベントは、自然と触れ合うのではなく「自然を玩具にして遊ぼう」というようなものが散見される。

例えば、ザリガニつりなどのイベントが催される。釣られたザリガニはどうなるのだろう・・・。
自然に触れ合うツアーでキャンプに行く、当然昆虫や植物とのふれあいが行われる。触れ合った、カブトムシやクワガタ、植物はどうなるのだろう。

生物の命の尊さから入っていかないと、それは、自然と触れ合ったのではなく、自然を破壊していることに繋がることにならないだろうか。

いえいえ、それは「昆虫採集」あるいは「植物採集」という立派な学習なのです。
一匹や二匹捕まえたって・・・。勉強のためなら良いじゃないか。

ところで、私の住む宮代町の隣町杉戸町で、
「杉戸の遊水池に生きていた
絶滅危惧種のオオセスジイトトンボ
42年ぶりに生息地確認」
という新聞記事が出ました。

多分、杉戸町の小・中学生全員が、このトンボを「昆虫採集」の勉強の対象としたら、いなくなってしまうでしょう。

「それは、そんな貴重なトンボを昆虫採集なんて。もってのほかだよ」

勉強でもですか。

「駄目だよ、そんな。貴重なものなんだから」

貴重って、このトンボの何が貴重なんですか。貴重だから昆虫採集は駄目なんですか。


以下は次回に・・・・。

"生物嫌いのたわごと(!!!)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント