杉戸と宮代どつちが有名

パソコンを使って、お遊びをしてみました。名付けて「杉戸と宮代どつちが有名」。
何だ、宮代も杉戸も知らないぞ、とおっしゃる方は、ごもっともです。
ただ、このブログはタイトルが、タイトルですから、地域限定版と言うことで・・・。

やり方は単純、グーグルとヤフー(他にも検索サイトはあるが似たような傾向になるので)の検索サイトで、市町名で検索をかけて、そのヒット件数を出す。
実は、埼玉県内の人口3万人以上の市町について検索をかけてみた(暇だねえ)。その結果は、下表のとおり。
当然と言えば、当然だが、人口が多い市町の方がヒット件数は多くなる傾向にあるので、ならば人口でヒット件数を割って指数化した。一人あたり、自分の住んでいる市や町をどれだけ、ネットで宣伝しているかという数字が出してみたつもり。でも、今度は人口の多いところが低くなりすぎる(郷土愛と比例しているという声もあるが)、何か係数調整する必要があるかも。
ただ、表は、単純に指数順に並べてみた。
で、堂々の一位に輝いたのは小川町。指数93.6。ぶっちぎりである。原因は・・・。
すぐに分かりました。同名の町が他県にもあったということ。特記の項の●のところも、同名がある(または町村合併前にあった)ところ。だから、ここは、割り引いて考えなければならない。
実質的な1位は秩父市。その原因は・・・。色々と想像はふくらむが、分からない。以下同じ。ただ、暇なとき検索しながら、ああ、これが原因の一つかと想像を、楽しむのも一興か。

結論を急ごう、「杉戸と宮代どつちが有名」。
町の部(市を除く)で宮代町は実質1位なのです。
杉戸町の方には悪いが、ヒット総数、指数とも宮代町が上位でした。
ただ、杉戸町、すぎブロを開設するなど、これからの展開は期待できますよ。

小生、このお遊びを昨年10月にも、グーグルで行っております(今回は、グーグルとヤフーのヒット数を合計していますので、指数そのものの基準が違うことを了解して頂きたいと思います)。
その結果は、参考までに
宮代町 6.7
杉戸町 4.4
白岡町 4.5
久喜市 5.6
旧春日部市 2.7
幸手市 6.3
旧庄和町 5.7


見づらいと思いますので、画像をクリックしてください。
画像

"杉戸と宮代どつちが有名" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント