引き続き思ったこと

「協働」という言葉が一般的になり始めた。
協働の必要性、その有用性、及び積極的推進への動きは伝えられるが、その運用・実施に当たっては、まだ手探りの部分が多いように思われる。

協働という言葉と呼応するかのように施行された、「特定非営利活動促進法(NPO法)」。
そして、協働の場においては、必ずと言っていいほどNPOの文字が見られる。
NPO法人の中には、NPOなどの民間非営利セクターが、「公共サービスの新しい担い手・供給主体」として期待されているとまで言い切る。しかし、そのNPOの質について語られることは少ない。

福岡県がまとめた「ボランティア・NPO団体との協働マニュアル」によると、
「NPO法人を設立するための要件は、それほど難しいものではありません。まず、資金がなくても法人を設立できるようになっています。基本財産も必要ありませんし、法人設立に関して登記料などの手数料がかかることもありません。また、活動実績も不要です。
NPO法人設立のために法が要求することは、①活動する「ひと」が一定数以上いること②活動の拠点として事務所があること③活動の計画・内容をもっていてそれが社会貢献活動であること④活動のための組織があることです。」

そして、続けて
「『NPO法人は非営利だし福岡県知事が認証しているから信用できますよね』という話しをよく聞きますが、『認証=行政庁のお墨付きではない』ことをしっかり覚えておいてください。
NPO法によると、所轄庁は書面審査を行い、団体が同法第12条に規定する設立要件に適合すると認められるときは、活動実績に関係なく認証しなければならないことになっています。」

「ボランティア=善=正しい」
この思いが心のどこかにあって、無条件で受け入れていることがあるのではないでしょうか。

行政側が、このことを意識しながら協働関係を築いていけるのか、それがないと健全な協働関係の構築は難しく、最終的に何のための協働関係だったのかということにもなりかねない。

しかし、行政側としては、手助けしてくれる人、それも善意でという人に対しては、無条件に胸襟を開き、緊密な関係を構築することを是としたがる。これは、人間としてある意味避けられない心情であると思う。遠くから見守る人より、声をかけてくれ、行動してくれる方が親しくなるのである。そして、場合によっては、その成り行きに若干の疑問を感じながらも、関係の崩壊をおそれるあまり、その成り行きを「町民が良しと言っているのだから」と、行政官としての責任放棄にも繋がりかねない心情にならないだろうか。むしろ、そうした関係を築いた方が、それらボランティア、NPO法人が行政のブレーンとなってくれて、「それで良いんだ」の大合唱を上げてくれる。行政官としては、その方が楽であるという気持ちに陥らないだろうか。協働関係を構築しなければ、その実績を上げなければ、との思いが強くなっていかないだろうか。

今回の、町民まつりの、ボランティアの働きには、頭が下がるし、全く異を挟むことはない。また、まつりの運営ということでは、ことさらに問題が発生するような状況は少なく、今までも、協力関係があったように思う。だから、そのことを云々しているのではない。だが、行政側の今回の町民まつりの評価が、HPに掲載の通りだとするならば、これからの協働関係を構築していく場において、前掲のような問題が生じないか危惧を感じてしまうのだが。そして、「不正確な表現」となった、第一回目の掲示は、図らずもその心情を正直に吐露したものだったのではなかろうかと、私は受け取ってしまった。

協働は「人々の多様なニーズに的確に応えていくためには、行政自らが自己変革していく」一つの新しい取り組みでなければならない。それは、地域住民への行政サービスを維持しあるいは高度化するものでなければならない。
協働関係者の顔色を見ながら、それに従っていくことは、行政サービスの充実という点に反する部分が出てくることが多々あることを認識する必要があるのではないでしょうか。
つまり、行政側にとっては、ボランティア、NPOの質を真に見抜く力量と勉強が欠かせない。そして、それをコントロールするだけのワークが必要になってきているのではないでしょうか。それがないと、協働は行政の単なる丸投げ、あるいは烏合の衆のお遊びで終わってしまう危険性をはらんでいると思うし、それは地域住民にとって不幸でしかないと思います。

追記
読み返してみて、NPO法人はあてにならないというように誤解されそうなので、あえて、追記します。
NPO法人の大部分は、素晴らしい活動を行っていると思います。しかし、現在の法律では、NPO法人という肩書きは、その活動状況となんら関係せず、そのNPO法人が素晴らしい活動を行っているかどうかは、その法人の活動状況を見ながら、それぞれに判断するしかないということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント